徒然なる喪女

喪女が日々を綴り、心を吐き出す場所

喪女の就活2 〜無能には売り手市場の方が辛い〜

辛いの一言に尽きる就活だった。

 

 

ちょうど一年前の今の時期、公的に面接解禁の日から、

私は焦燥感と絶望感でいっぱいいっぱいになっていた。

6ガツオーテは見事に惨敗だった。

 

 

リア充や普通の人でも大変なのだから、ましてコミュ障喪女には100倍辛い。

そして売り手市場と言われる昨今だけど、

この状況の方がコミュ障にとっては精神的にきつい。

なぜならリーマンショック後の不況下では、皆無い内定があたりまえだったのだ。

だから内定が無くても異常認定は受けなくて済む。

 

 

 

それなのに今は、就活生は売り手市場とネットやニュースで煽られまくり、

内定あってあたりまえ、

こんなイージー就活世代じゃ無い奴=よっぽど無能と叩かれる。

親からは何故売り手なのに内定の一つも貰えないのかとプレッシャーは五割増し。

 

 

ご飯は喉を通らず、ニキビは大量発生し、

不安からくる不眠状態が、面接解禁の6月から終えるまで続いた。

勝手に涙が出てきてしまい、一人見つからないように何度も泣いた。

自分も他人も生きてるのも何もかも嫌になった。人間辞めたいと思った。

 

 

 

だけど歯を食いしばらなければ、新卒至上主義の日本では生きていけない。

終わってみて、本当におかしなシステムだと思う。

わずか3カ月の中でes、面接が行われ、自分の将来40年の明暗がほぼ決まってしまう。

特に30分5人の面接なんかで弾かれるのは、たまったものではない。

説明会に行き、テストを受け、esを書き…

そこまでに至る労力、時間、気力、お金の全てが無駄になってしまう。

コミュ障だと、面接でどもる傾向が強いのだからハンデがデカすぎる。

 

 

 

私は就活で大切なものは3つあると感じた。

一つは学歴への自信、二つ目は容姿への自信

そして三つ目に特に大切なのが、自分の今まで積み重ねてきた人生への自信

 

人生への自信とは、

恋愛、サークル、勉強、友達、青春の全てを充実させてきたという事実のことであり、

これに対する自負や、自覚は無くともキラキラ輝くオーラを纏っていることで、

そういう人たちは人間としてとても魅力的に見える。自分への自信で満ち溢れている。

 

 

 

私はどれか一つでも持ち得ただろうか。

もちろん容姿は下の下、学歴も中の下。それは分かっているし受け入れているけれど、改めて就活を通じて自分の人生の空っぽさに恥ずかしく、胸が苦しくなった。

そしてそんな自分を見つめるのが嫌になった。

その自信のなさが、人事の方達にも見抜かれていたのだと思う。

 

 

 

売り手市場であってもなくても、欲しい人材は決まっている。

この3つを持ち得る人だ。

そして売り手市場だからこそ、この人材の取り合いばかりが行われ、

この人達ばかりに内定が偏り、私の無能さが露呈してしまうのだ。

 

 

今までの私の人生は、ただ机に向かっていれば良かった。

成績さえ良ければ何の問題視もされなかった。

それに胡座をかいて他のことはやらなくてもいいのだと楽な方に逃げてばかりいた。

就活で直面してやっと分かったけれど、もう軌道修正が出来ない事も分かった。

 

 

 

いっそ性格診断するのなら、

その結果を踏まえて国民の職業を政府に決めてもらいたい。

 

 

飲み会が辛いコミュ症喪女

飲み会がこの世で一番嫌い。

 

 

学生時代、出来るだけ避けて避けて避けまくってきた、飲み会。

 

・面白い事言えよプレッシャー

・うまい返ししろよ的空気

・話を盛り上げられない不甲斐なさ

・ぼっちになる圧倒的辛さ

・ただ目の前の料理とにらめっこする息苦しさ

・周囲の私を見るこいつの隣かよという表情

・近くの人に気を使わせてしまう罪悪感

 

そしてこれらの苦痛を享受する上に高い金を払って、人数の割に少量しかない料理を頂く全く意味不明なシステム。

飲み会の全てが本当に嫌。

 

 

 

なのに、社会にでると、

飲み会参加拒否権は奪われた。

 

表向きは、参加、不参加を募る。

が、新人たるもの参加しないなんて許さないという圧力が物凄い。

 

不参加なら、何かあるの?なんで出ないの?

人脈増やさなきゃダメだよ〜!

 

理由がなくても参加しない自由だってあって良いはず。

飲みニュケーションなんて尤もらしく言っているけれど、

コミュニケーションとは酒が無ければ出来ないのだろうか。

こんなに下品で辛いものなのだろうか。

 

 

 

「出なくても良いけど、その代わり職場に居づらくなるよ」って何?

飲み会しないと円滑なコミュニケーションが成り立たないような職場なのですか?

 

飲み会に来ない人が排他される職場は、

むしろコミュニケーションが最悪な職場だと思う。

 

 

出席したらしたで、

必ず「つまらない人間」だと周囲にバレ、

会話に入れず一人目の前のお皿をつついて2時間を無駄にすることは目に見えている。

 

時間を奪われ、金を奪われ、自尊心を落とされ、ただただ辛く重苦しい時間を過ごす。

 

なぜ勤務時間外に苦行を強いられなければならないのだろう。

別に仲良くなりたいとも思わないし、仕事は仕事としてやっていきたい。

周囲の人も私の扱いに毎回困っているのだから。

強制参加なら、時間外手当を出して欲しい。

 

 

「飲み会はいらない」とまでは言わないけれど、親しい人や気心の知れた人同士で

行う方が精神的にもプレッシャー無く、皆が楽しめると思う。

それ以外の人たちとのコミュニケーションは、普段の日常生活で十分だと思う。

 

 

この日本的文化が本当に嫌い。

 こっそりひっそり生きていきたい。

 

私は誰かの一番になれない

「私」を誘ってくれる人がいない事に最近気付いた。

 

どういうことかというと、

まず、「喪女ちゃん、今度〜があるんだけど、行かない?

と普通に誘ってくれる。

喪女で友達も少ない私は二つ返事でokする。

 

 

が、のちのち話を聞いてみると、

本当は◯◯ちゃんと行くはずだったんだけど、これなくなっちゃって〜

今回の飲み会面白くなさそうだから人気ないけど女子集めなきゃいけないんだよね〜

という理由が多い。

もちろん又聞きの場合もあるが、無神経な人だと本人がいる前で言ってくる。

 

 

 

つまり私は、ていの良い穴埋め要員でしかない。

誰かにとって「一番な人」には決してなれない。

わかっているけど、誘われると友達もいない私は嬉しくなって了承してしまう。

 

 

 

元来こういった待遇は受けてきた。

リア充でも権力があるわけでもない地味な子に対しては、皆ないがしろな態度をとる。

それでも気弱だから反抗しないし。

もし刃向かってもハブれば良いだけ。

誰もこんな奴の意見に耳なんか貸さない。

◯◯ちゃんが私の悪口言ってるの、私なんかしたかなあ〜(泣)

とでも言えば、周囲は無条件に味方になってくれる。

 

 

 

女社会では、ぼっちでいることは反社会的、非リアの証明なので、

自分が一人の時はぼっち回避のために声をかけてくるが、

他の可愛いリア充が来ると、すぐさまそちらへ行き、

こっちが一人だろうと全く関心を寄せない。

 

 

 

私はリア充達にとって都合の良いレンタル品みたいなものだ。

誰かに本当に必要とされたい。

喪女の恋愛

恋愛話が気まずい。

 

女でいる限り、ある程度仲良くなるとこのトピックは回避できない。

彼氏がいるか、好きな人はいるか、過去の恋愛は・・・

 

その場にいると、本当に本当に気まずい。

喪女なので過去現在未来「彼氏」という存在とは無縁だからだ。

 

 

話を振られるのが恐怖でしかない。

何も話せない。盛り上げられない。驚かれる。バカにされる。

 

 

・・・が杞憂に終わることもある。

なぜなら、そもそもメンバーの中で話を振られないパターンが多い為である。

 

つまり、喪女であることは明白なので、

面白い恋愛話など期待できない

もしくは答えがNOであることはわかりきっており、フォローが気まずいのだと思う。

 

 

例えば4人でいる場合、

◯◯ちゃん彼氏は〜?」を一通りしたのち、(もちろんみんな彼氏持ち)

私には「出身どこだっけ?」など明らかに流れがおかしくなる。

 

 

本当に申し訳ないと思う。

しかし、これはまだマシな方である。

 

 

ひどい場合は、

喪女ちゃん彼氏いないの〜?」→いない

→「だよね〜」『良かった〜」「いままでも居ないの!?

 

 

という反応がままある。

100歩譲って「だよね〜」は許せる。

なぜなら私が喪女オーラを出しているからである。

だけど「良かった〜」は何なのだろう。

何が良かったの?

こんな喪女に負けなくて良かった?彼氏がいると勝ちなの?

心底うんざりする。

そして「いままでいた事ないの?」も。

彼氏いない=アタマのおかしな社会不適合者

の図式はやめてほしい。

 

 

 

好きで恋愛してこなかったわけではない。

 

 

 

 

喪女の嫌いな女1

私が嫌いな女。

 

 

 

1. 友達連れ去り女

 

友人と二人で歩いてる時、後ろから声をかけてくる。

そこまではいいのだが、何故かヌルッと私と友人の間にわけ入る。

→友人と話しつつ、段々と友人の腕を組み、連れて歩いていってしまう。

 

もしくは、

歩道の幅が狭くなるので3人で歩けない

→友人とそいつ横並び、私下がって後ろ歩く→二人だけの会話☆

 

結果、私ポツーン。

 

このパターン本当によくある。

後からわけ入っておいて、ハブるのは凄く非常識だと思うが、社会人になってもやる奴がいて驚く。

 

 

 

2. 私気にしない女

 

私の会社は、指定服が凄くダサい。

そのため通勤時には着てこない女子が多い。

しかし、気にしない女は

「私、ダサいとかどう思われようと別にいいや〜!」

と声高に宣言し、着用している。

が、ブリブリ声を出す。

困った時、女子もいるのに男子に頼る。

「私、男友達多いから〜」が呼吸。

自称サバサバ、実際地雷。

 

 

 

3. NOT空気読めない、YES空気読まない女

 

飲み会の席、6人がけテーブルにて

  ●男      ○女

 

● ● ◯

●◯私 

 

の際、こいつらはお互い隣の男(イケメン)とばかり話す。

左上の●の方も入れない、二人の世界☆

では弾かれ者同士、と思うが、

私が対角の人と話すには距離があり過ぎるし不自然になってしまうため、お互い必然的地蔵。

自分良ければ全て良し☆

 

 

いや自分も会話に入ったら良いじゃん!と思う方もいるかもしれないが、それができたら喪女じゃない。

 

 

 

おそらくリア充は他人の評価という点において、

リア充女子、男子の評価は気にするが、

モブの奴らにどう思われようと、全く意に介さない。

何故なら、例えば私が

「あの子性格がちょっと…」なんて言ったところで誰も信じないだろうし、

逆に◯◯ちゃん可哀想、喪女子の嫉妬乙。で終わる。

 

 

 

まあ虐げられてる立場だと、

相手の本質がわかりやすいから、そこは利点だなと思うことにする。

 

 

 

コミュ障な喪女

 

私は世間話が出来ない。

 

 

初めましての人であれば、

出身は?」「大学は?」「趣味は?

と質問するネタがあるし、知らない相手に色々質問するのは普通の行動なので

別に変ではない。

けれどある程度知り合って、知り合い以上友達未満の時なんかは一番困る。

 

 

例えば、

朝通勤で同じ時間帯になると、本当に本当に何の話をしていいかがわからない。

 

天気の話 → ねむーい → 何時に寝た? →・・・・・・・・・・・。

 

えーっと何話そう何話そう(汗) と考えて、場を持たせなきゃと内心焦るけど、

全く何も浮かばず、気まずい沈黙が続く。

 

それでも相手が気を使って話してくれたり、話題を振ったりしてくれる時はまだ

いいけれど、大概お互い黙り込んだまま、相手が他の子を見つけて去ってしまう。

 

 

とにかく場を持たせること、話を広げることができない上、

ネタが極少、ボキャ貧、合づちが単調ですぐに「つまんない奴」認定を頂く。

 

 

 

飲み会とか全く誘われない。

毎回職場の飲みの話題がでて、そんなんあったの?ってドキっとするし、

目の前で、幹事が◯◯ちゃん行かない?って誘って私はスルーとかしょっちゅう。

で、また共通の知人や話題がどんどん無くなって話せなくなる悪循環。

 

 

 

聞いて〜!昨日は◯◯でぇ〜 って気軽に話せる子、

心底羨ましい。

気の利いた返しが出来る子、鉄板ネタ持ってる子、頭の回転速い子、、、

心底羨ましい。

 

 

 

いじられキャラになりたい。

皆にかまってもらえて愛されて、あんな子になりたい。

なぜか私はいじっちゃいけない空気。

まあ、いじると返しができなすぎて場が凍るからなんだけど。

 

 

 

運動もせず、休日は引きこもり、

趣味2ちゃんスレ、ぐちったー、youtubeで培った中身空っぽなワタクシです。

喪女の就活 〜内向型人間、ツケを払う時が来た〜

前回就活について触れたので、私=喪女にとっての就活について書こうと思う。

 

 

一言で言えば就活は地獄だった。

 

私はただでさえ友人の少ない人見知りで、内向型人間の境地にいるような奴なので、

自己PRや自己主張は苦手中の苦手。これが就活で求められる一番のキモなのに。

 

 

 

そして特に嫌だったのはグループディスカッションだった。

今まで、人前に立つこと、人をまとめること、意見を言うことといった、

いわゆる積極性を求められる場面はことごとく回避してきた。

 

適材適所という言葉があるんだから、とリーダー気質の子に任せて、

自分はサポート役という影で楽をする。

発言することが怖い、自分の意見がおかしいと思われたくない、

他人の目が、評価が気になる。

責任を負いたくない、非難の対象になりたくない...

 

 

 

でも、こうして私が逃げてる間に、

人前に立ち自分の意見を述べる経験は、同年代の皆は積んできていた。

そうして自分自身を知って、面接でも臆せず自信を持って話すことができる。

今まで楽して生きてきたツケが今回ってきたんだなと心底思った。

 

 

 

ディスカッションにどう食い込めばいいのかわからないし、

議題に対する意見が言えない、話しながら考えをまとめていけない...

 

 というかそもそも、グループで話す行為は他人任せで今まで何にも考えてこなかったので、自分の意見やアイデアが、頭をどんなに働かせても全く湧いてこない。

 

私は何の取り柄もなかったけれど、少しばかりは勉強ができたので、

いい子ちゃんに真面目に勉強してれば褒められるのだと思っていた。

しかし、学校で学ぶべきことは勉強だけじゃなかったんだなと改めて思った。

 

いや、真面目な人はちゃんと色々な場面で自分の責任を果たしてきただろう。

私は 真面目系クズ でしかなく、

その本性が就活で表面化しただけのことだったのだけれど。

 

 

 

最後に、自分は就活を通じて、また終えた中で、

すごく後悔したし、社会人になってますます積極性が求められるようになり、

今も後悔し続けているので、

今学生の人、中でも消極的な人は是非、自分自身に鞭打ってでも

人前に出る・リーダーになる経験を積んでほしいと思う。

 

 

 

 

 

 

ちなみに

以下は一応私のやったことまとめです。参考になるかは微妙だけれど、

同じような苦しみを持つ人がいれば、読み流し程度にどうぞ。↓

 

上記の問題は、消極的な人にとってはすごく悩ましいものだと思う。

発言するといえば同意しかできないし、

正直難易度的には グルディス>面接 だった。

 

 

そして私は数をこなしていく中で、

 

・二番目に必ず発言する 

・人の意見を否定せず、一旦肯定した上でプラスアルファを述べる

 

これだけは、とても重要だなと思った。

まず、発言で一番目はだいたいリーダータイプの人。

私みたいなタイプの人は下手に主導権を握ろうとしなくていい。

理由は、経験もないのにまとめ役になると、必ずクラッシャーと化すため。

ただし二番目=副リーダー的ポジションとなり、これが一番美味しい。

積極性もあることをアピールしつつ、大局は任せることができるからである。

 

 

また、人の意見を否定することは、就活においてとてもネガティブである。

協調性のなさは、積極性のなさよりも地雷。

しかし うなずきん になってもダメなので、私も考えているアピールをするため、

他人の意見に少し加えて発言する。

 

 

いろいろコツなんかがネットで書かれているが、

正直本番では緊張で飛んでしまった。

 

 

就活は二度とやりたくないけど、終わって思う事は、別にそこまで THE企業に

こだわらなくても良かったのかも...と思う。

 

 

 

あー自分しんどい。