徒然なる喪女

喪女が日々を綴り、心を吐き出す場所

喪女の降りられないレール   フツー圧力

突然だけど、私は恵まれている方だと思う。(喪女ということはさておき)

 

 

私自身は、色々なことを、まあフツーに、人並みにできた。

勉強で物凄く苦労した覚えもない。

 

 

運動も、成績は5までは取らないが3か4だったし、図画、書道も賞状をもらえた。

高校は田舎の進学高(?)で、大学は世間一般で言うところの一応の高学歴。

人並みに人生を歩んできた...と感じる。

 

 

でも、(だから?)親の期待を年々ひしひしと感じ、それが重い重い鎖になっている。

特に兄弟姉妹がいると、比較してどんどん期待値が偏っていく。

この子はいい大学に入ったから、いい企業に入って、いい人を見つけて、

いい家庭を築いてくれる...と。

 

姉妹なのに、私にばかり重圧がかかっている気がする。

私自身が、かけているんだけれど。

 

 

 

某大手企業の女子社員の自殺した時、気持ちがわからなくはないな、と思った。

私は彼女のように超高学歴でも美人でもないけれど、

彼女にはもう、人生における「正解のレール」が一本しか足元になかったんだと思う。

そして左右を見れば、奈落の底で、他の道なんかない。

カイジの高層ビルの橋渡しゲームみたいな)

 

いい会社、いい家庭、いい人生を歩むレールから降りられない。それ以外は不正解。

周りの期待と「普通」観と自負の念で板挟み。

 

 

私は就活の時、精神がおかしくなりそうだった。

 

◯◯なら早く決まると思ったのに〜。なんで決まんないのかな?

え〜そこ? ◯◯ちゃんは官僚だって!大企業だって!

 

周囲や親からの期待と否定、それと自分の気持ちに折り合いがつけられなかった。

 

幸いにも就活は一応、大企業と呼ばれる部類に決まった。

親も友達も喜んでくれた。

全くもって幸運だったとしか言いようがないし、嬉しかった。

けど同時に、ますますレールは地面から離れてしまったと感じた。

 

もういよいよ本当に降りられなくなった。

 

でも私には結婚なんて到底無理だろう。家庭は築けない。

だから目の前にはもう道は無くて断崖絶壁だ。息苦しい。

 

 

フツーって何なんだろう。私は旧年代の理想モデルの押しつけだと思う。

だから生きるのが辛くなる、生きづらい世の中になる。

私は息苦しさを感じたまま、この先一生生きていたくない。

あー自分しんどい。