読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

徒然なる喪女

喪女が日々を綴り、心を吐き出す場所

喪女の嫌いな女1

私が嫌いな女。

 

 

 

1. 友達連れ去り女

 

友人と二人で歩いてる時、後ろから声をかけてくる。

そこまではいいのだが、何故かヌルッと私と友人の間にわけ入る。

→友人と話しつつ、段々と友人の腕を組み、連れて歩いていってしまう。

 

もしくは、

歩道の幅が狭くなるので3人で歩けない

→友人とそいつ横並び、私下がって後ろ歩く→二人だけの会話☆

 

結果、私ポツーン。

 

このパターン本当によくある。

後からわけ入っておいて、ハブるのは凄く非常識だと思うが、社会人になってもやる奴がいて驚く。

 

 

 

2. 私気にしない女

 

私の会社は、指定服が凄くダサい。

そのため通勤時には着てこない女子が多い。

しかし、気にしない女は

「私、ダサいとかどう思われようと別にいいや〜!」

と声高に宣言し、着用している。

が、ブリブリ声を出す。

困った時、女子もいるのに男子に頼る。

「私、男友達多いから〜」が呼吸。

自称サバサバ、実際地雷。

 

 

 

3. NOT空気読めない、YES空気読まない女

 

飲み会の席、6人がけテーブルにて

  ●男      ○女

 

● ● ◯

●◯私 

 

の際、こいつらはお互い隣の男(イケメン)とばかり話す。

左上の●の方も入れない、二人の世界☆

では弾かれ者同士、と思うが、

私が対角の人と話すには距離があり過ぎるし不自然になってしまうため、お互い必然的地蔵。

自分良ければ全て良し☆

 

 

いや自分も会話に入ったら良いじゃん!と思う方もいるかもしれないが、それができたら喪女じゃない。

 

 

 

おそらくリア充は他人の評価という点において、

リア充女子、男子の評価は気にするが、

モブの奴らにどう思われようと、全く意に介さない。

何故なら、例えば私が

「あの子性格がちょっと…」なんて言ったところで誰も信じないだろうし、

逆に◯◯ちゃん可哀想、喪女子の嫉妬乙。で終わる。

 

 

 

まあ虐げられてる立場だと、

相手の本質がわかりやすいから、そこは利点だなと思うことにする。

 

 

 

あー自分しんどい。