徒然なる喪女

喪女が日々を綴り、心を吐き出す場所

飲み会が辛いコミュ症喪女

飲み会がこの世で一番嫌い。

 

 

学生時代、出来るだけ避けて避けて避けまくってきた、飲み会。

 

・面白い事言えよプレッシャー

・うまい返ししろよ的空気

・話を盛り上げられない不甲斐なさ

・ぼっちになる圧倒的辛さ

・ただ目の前の料理とにらめっこする息苦しさ

・周囲の私を見るこいつの隣かよという表情

・近くの人に気を使わせてしまう罪悪感

 

そしてこれらの苦痛を享受する上に高い金を払って人数の割に少量しかない料理を頂く全く意味不明なシステム。

飲み会の全てが本当に嫌だ。

 

 

 

なのに社会にでて、飲み会参加拒否権は奪われた。

 

表向きは、参加、不参加を募る。

が、新人たるもの参加しないなんて許さないという圧力が物凄い。

不参加なら、何かあるの?なんで出ないの?人脈増やさなきゃダメだよ〜!

理由がなくても参加しない自由だってあって良いはず。

飲みニュケーションなんて尤もらしく言っているけれど、

コミュニケーションとは酒が無ければ出来ないのだろうか。

こんなに下品で辛いものなのだろうか。

 

 

 

「出なくても良いけど、その代わり職場に居づらくなるよ」って何?

飲み会しないと円滑なコミュニケーションが成り立たないような職場なの?

飲み会に来ない人が排他される職場は、

むしろコミュニケーションが最悪な職場だと思う。

 

 

出席したらしたで、

必ずつまらない人間だと周囲にバレ、

会話に入れず一人目の前のお皿をつついて2時間を無駄にすることは目に見えている。

 

時間を奪われ、金を奪われ、自尊心を落とされ、ただただ辛く重苦しい時間を過ごす。

 

なぜ勤務時間外に苦行を強いられなければならないのだろう。

別に仲良くなりたいとも思わないし、仕事は仕事としてやっていきたい。

周囲の人も私の扱いに毎回困っているのだから。

強制参加なら、時間外手当を出して欲しい。

 

 

「飲み会はいらない」とまでは言わないけれど、親しい人や気心の知れた人同士で

行う方が精神的にもプレッシャー無く、皆が楽しめると思う。

それ以外の人たちとのコミュニケーションは、普段の日常生活で十分だと思う。

 

 

この日本的文化が本当に嫌い。

 こっそりひっそり生きていきたいだけなのに。

 

あー自分しんどい。